Skip to content

最初から独学のみで勉強するほどの…。

先に法律知識ゼロにも関わらず、短期集中で行政書士試験に合格されるような猛者もおります。その方たちに共通している要素は、自らに合う「現実に合った正しい勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。
あらかじめ会計事務所ですとか税理士事務所に勤め、実務経験を積んでスキルアップしながら、確実に学習を行うというタイプの方は、通信講座のスタイルを選ぶ方が1番合っているだと言えます。
学習にかけられる時間が昼夜たっぷりあるという人でしたら、一般的な勉強法によって、行政書士試験をパスすることも有り得ますが、会社とか家庭とか時間的に制約条件があるという方には、良い方法ではございません。
法律系国家試験の税理士試験の合格率については、およそ10%程度と、高い難易度であるとよく言われているにしては、国家資格内でも高い合格率を出しています。だけども、1発目で合格実現を果たすというのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いと昔から言われているようです。
仕事を継続しながら資格取得の勉強をこなし、やっと3回目の試験で行政書士試験に合格した、私本人の過去を振り返っても、最近の難易度の程度は、かなり高めの傾向があるとした印象を持っています。

こちらのウェブサイトにおきましては、行政書士専用の通信教育(通信講座)を、キッチリ選定できるように、ニュートラルな見方で評価できる情報を定期的に紹介していきます。そしてそれを参考にして、この先はあなたが自分の目で選んでいってください。
高い難易度の資格試験と知られている司法書士試験に挑むには、ちょっとやそっとの努力なんかでは絶対に合格することは不可能でしょう。その上たった一人で独学にて合格を狙うのは、全力を尽くす必要があります。そんな中少しでも貢献できるインターネットサイトとして活用してくれたら嬉しい気持ちでいっぱいです。
世間一般的に行政書士については、高難易度の法律資格試験の関門として、各世代に注目を集めている中、合格をゲットした将来には、個人事業で会社を設けて、独立して開業を行うのも実現できる法律系国家資格試験となっております。
基本的に司法書士試験につきましては、年齢・性別や過去の学歴などの指定はないですから、いくつでも誰でも受験することが認められています。例え法律に関しての知識ゼロの未経験者であっても、イチからしっかり受験対策を行うことにより、合格が狙えるといっても過言ではありません。
通常司法書士試験を独学でパスするのは、かなりハードといえますが、勉強法を能率的にするとか、必要な情報を整理することで、少ない時間で合格することを目指すというのも、実現不可能なことではないのです。

今日の行政書士の資格取得は、合格率の割合が6%前後と周知されておりますので、事務系国家資格のジャンルでは、難易度が高い資格に分類されています。されど、試験の全問題のうち少なくとも6割正解できたら、必ずや合格が叶います。
つまり専門スクールに行かないでも全部独学であっても、万全に、司法書士のすべき役目についてマスターできるなら、合格を目指すことは可能です。さりとて、それについては物凄い、長期間にわたることが絶対に必要となります。
基本的に消費税法に関しては、税理士試験の科目の内では、他よりもさほど難易度は高いものではなくて、基礎的な簿記の知識を押さえておくことにより、割合容易く、合格レベルに到達することが実現できるはずです。
言ってしまえば合格するには「足切り点」とした仕組みが、司法書士試験においてはあります。要するに、「決められた点に届いていないと、不合格です」との数値が設けられているのです。
最初から独学のみで勉強するほどの、気は全然ないけれど、自分のテンポで学べれば方には、強いて言いますと司法書士資格の通信講座を受けた方が、打ってつけの勉強法といえるのではないでしょうか。